ランニングコストも大切!

ウォーターサーバーのランニングコストとは

ウォーターサーバーを選ぶときにはランニングコストを考えて、予算的に問題ない範囲に収めるのが大切です。ウォーターサーバーを利用するときには毎月水のボトルを購入します。水の単価が高ければそれだけランニングコストは高くなるので、何リットルくらい必要になるかをよく考えて概算してみるのが大切です。ただ、ランニングコストとしてかかるのは水代だけではありません。一般的には水の配送料やボトルの返却料金、ウォーターサーバー本体のレンタル料の多くは無料になっています。しかし、ウォーターサーバーの定期メンテナンスや、電源を入れて動かすのにかかる電気代は負担しなければなりません。契約前にどんな費用がかかるかは一覧にして確認しましょう。

費用がいくらかを計算しよう

契約をするときには必ずランニングコストを計算しておくのが大切です。ウォーターサーバーの水代は毎月どのくらいの消費量になりそうかを考えれば概ね計算できます。メンテナンス費用は業者がいくらかを明確にしているでしょう。年に一回のメンテナンス作業が必要になるケースと、ウォーターサーバー自体を定期的に交換するケースが主流です。他にも自分でメンテナンスする仕組みになっていて、メンテナンスキットを買う必要がある場合もあるので気を付けましょう。電気代はウォーターサーバーの消費電力と契約している電力会社の電気料金の単価から計算できます。このようにして毎月いくらかかるのかをはっきりとさせると、予算的に問題ないかがわかります。

水宅配というと、ウォーターサーバーを想像する人が多いです。しかし、ウォーターサーバー以外にも、水のペットボトルの宅配なども含まれます。